TOP » 自分にあった方法が見つかる債務整理の自己診断

自分にあった方法が見つかる債務整理の自己診断

あなたの危険度はどのくらい?診断チャートに答えることで自分に合った債務整理方法が見つかる!

あなたどの方法が最適?債務整理のための自己診断チェック

自分はどの方法?債務整理の自己診断チェック

まずは、現在の借入状況を振り返りながら債務整理の危険度チェックにチャレンジしてみてください。下にある9つの質問のなかで、当てはまるものがあればチェックを入れて、最後に「あなたの債務危険度は…」ボタンをクリックすると診断結果を表示します。

毎月利息しか払っていない
カードの利用限度額が一杯の状態である
借入総額がいくらか把握できていない
ついつい必要のないものを購入してしまう(浪費グセがある)
住民税など税金を滞納している
家賃や住宅ローンを滞納している
毎月借入金の返済で頭を抱えている
借入の総額が100万円を超えている
知人からも借金をしている

債務整理の最適な方法が見つかる診断チャート

自分の債務危険度が分かったら、次のチャートを使用してどれが自分に適しているのか確認しましょう。

債務整理の最適な方法が見つかる診断チャート

この診断チャートは参考程度となりますので、自分自身の借入や資産状況を専門家に話して、的確なアドバイスをもらってください

過払い金にも時効がある!

過剰な利率で貸金業者と取引していた場合には、払いすぎた利息を取り戻すことができます。これを「過払い金」といいます。しかし、過払い金には「時効」があることをご存じでしょうか。 過払い金を取り戻すための権利は「過払い金請求権」といわれ、取引が終了した時から10年で消滅時効が成立してしまいます。つまり、10年以上前に完済している場合過払い金の請求はできません。例えば20年前に借り入れを始めて10年で完済していた場合、ちょうど完済から今年で10年経つのでどんなに過剰な利率であっても請求できない可能性が高くなります。20年前に借り入れを始めたケースでも今年完済した場合には、今から10年後に時効が成立します。

ここで「時効のせいで、過払い金を請求できない」と諦めないでください。いくつかの方法で請求できる可能性があります。

まずは、時効の期限間近の場合です。あと少しで完済から10年を迎える場合でも、時効を中断できます。手続きをしている間に時効が進んでしまう心配はありません。次に、貸金業者による「不法行為」があれば時効が過ぎても請求をできる場合があります。たとえば電話や訪問でもはげしい取り立てなどが不法行為とみなされます。

完済から時間がたっていても、過払い金の請求できるケースがあります。次の「債務整理相談所」のページでは「過払い金請求の時効」の解決方法について、更に詳しい内容と対策を紹介しています。どのような場合に時効を過ぎても請求ができるのか、実例を参考にして過払い金請求について知っておいてください。また、「債務整理でゆとりを手に入れたひとたち」の体験談も紹介しています。安心して生活するために、さまざまな債務整理の仕方についての知識を身につけておきましょう。


「過払い金請求の時効とは」の詳細はこちら

ページの先頭へ