HOME » 債務整理・弁護士への相談のススメ » 司法書士との違い

司法書士との違い

ここでは弁護士と司法書士が行う債務整理の範囲や違いについて解説しています。

司法書士でも債務整理を依頼することは可能?

司法書士のサイト画像債務整理を依頼できる相談先としては現在、弁護士の他に司法書士があります。司法書士の過払金請求の広告やCMなどを見てご存じの方もいるでしょう。

司法書士は不動産や会社の登記・供託など一般の人では難しい法律関係の書類を作成することを主な業務としている専門職です。

元来はこうした法律関係業務は弁護士が行うべきなのですが、弁護士の数が不足してそれを補うため登記業務を行う司法書士制度が設けられることになりました。

したがって原則的に司法書士は法律相談や法律行為を代理することはできません。ところが、例外的に法務大臣の認定を受けた場合に限っては裁判所の訴訟代理権が与えられます。

2003年の司法書士法の改正により、法務省で一定の研修・考査を受けて認定司法書士になることで140万円以下の民事事件の相談・交渉・和解が可能になったのです。司法書士が過払い金請求などの債務整理を行えるのはそのためです。

弁護士と司法書士では扱える事案の範囲が違う

債務整理を依頼する側として弁護士も司法書士も同じかというとそうとは言えません。すでに説明した通り、司法書士が可能なのは140万円以下の簡易訴訟代理等関係業務に限られるからです。

例えば過払い金の計算をしたら総債権額が140万円を超えてしまったという場合には、弁護士に依頼することになります。140万円を超えずに簡易裁判所内で和解できれば司法書士に依頼しても問題はありません。

また、司法書士は自己破産や個人再生の書類作成はできますが、申立て代理人にはなれないという制限もあります。一方で弁護士にはこうした制限はありません。

したがって明らかに任意整理では返済が難しく、個人再生や自己破産しか方法がないという場合には自分で裁判所に行って申立てをするか、弁護士に相談する必要があります。

債務整理は弁護士と司法書士のどちらに依頼しても大丈夫ですが、扱える事案の範囲に違いがあることは心得ておいたほうがよいでしょう。

ページの先頭へ