体験談4

ここでは弁護士事務所に借金の相談をして任意整理で解決した人の体験談を紹介しています。

当初の希望通り自己破産せずに借金返済

(Uさん:30代・女性)

私はもともと借金をするのが好きではなかったのですが、体調を崩して長期に会社を休むことになり仕方なくお金を借りて生活費に充てていました。

しかし仕事に復帰してからも返済が思うように進まず、度々体調を崩していたこともあって結局4社から400万円近く借金を作ってしまいました。

長くかかってもいいから自己破産だけはしたくないと考えていたのですが、弁護士の先生に最初に相談した時は破産で進めるのがよいだろうという悲しい回答でした。

ところが借金の引き直し計算をしてもらったら半分くらい債務が圧縮できるとことがわかったのです。これなら分割して返済していけますよと言われ任意整理でお願いすることにしました。

一時は自己破産もやむを得ないと自分を納得させていましたが、当初の希望通りに任意整理で解決できて本当によかったです。

任意整理で借金額を減らし幸せを手に入れた

(Kさん:30代・女性)

私は若い頃から派手好きでブランド品の購入や交際にお金をかける浪費癖があったため、借金するのが当たり前のような生活をしていました。

その上、ある時悪徳商法に引っかかってさらに借金が増え、返済のためにさらに借金をするという悪循環で総額は400万円を超えていました。

働いてはいましたが給料は20万円ちょっとで月々の返済は約10万円。自分の力で返済するのは限界が来ていたのと結婚が決まり会社を辞めるつもりだったので、これを機会に借金を整理したいと思い、弁護士事務所に相談に行きました。

最初は自己破産手続きを進めることにしたのですが、長い間借金をしていたこともあって100万円近くの過払い金とその他も減額できて借金総額は100万円程度まで圧縮。退職金も返済に充てることにして結局は任意整理で解決することになりました。

月々の返済額は2万円まで減り主人の協力もあって約1年後には完済。10年以上続いていた借金生活に終止符を打つことができました。現在は子供も生まれ家族3人で幸せに暮らしています。

ページの先頭へ