体験談3

ここでは多重債務者が任意整理後にどのように生活が変わったのか、その体験談を紹介しています。

自己破産せずに解決なんて思ってもみなかった

(Sさん:40代・男性)

10年ほど前に父親が他界してしまい高齢の母と二人暮らしになりました。何とか私が支えなければと思っていたのですが、介護費用が負担となって不足分を補うために借入れをするようになりました。

最初は軽い気持ちだったのですが、生活が苦しく返済をするために別の貸金業者から借りるという悪循環に陥り、気がつくと8社から約1,000万円の借金を作ってしまいました。

返済できるのは月2万円程度がせいぜいでこのままでは完済はほぼ不可能。もう自己破産するしかないと思い、弁護士事務所に相談することにしました。

当初、弁護士の先生も自己破産事件として進めていく方針だったのですが、債務を整理する段階で3社で400万円近くの過払い金が発生していることがわかり事態が変わりました。

すぐにその3社に対して提訴していただき、早期に過払い金が回収できました。残りの貸金業者に対しては減額交渉をした上で、戻ってきた過払い金から一括返済。どうしても債務が残ってしまう1社に対しては月2万円ずつ支払うことで和解してもらえました。

自己破産するしか方法がないと思っていたのが、任意整理で解決できるなんて思ってもみませんでした。これからは借入れをすることは考えずに多少苦しくても堅実に生きていこうと思います。

希望の光が見えて前向きな気持ちになれた

(Aさん:40代・男性)

私は会社員で安定した収入もあるのですが、離婚をきっかけに借金をするようになりました。毎月送金している子供3人分の養育費が高額で、成長とともに進学などの一時金の負担が増えたためです。

貸金業者5社からの借金の総額は約200万円。月々の返済は9万円にまで膨らみ自分の給料だけでは生活できなくなったため弁護士事務所に駆け込む結果となりました。

担当の弁護士の先生からは毎月収入はあるので任意整理するのがよいだろうというアドバイスを受けました。

1社だけ長い取引のある信販会社で過払い金が80万円弱発生していたので返還請求。残りの貸金業者も減額に応じてもらえたため月々の返済額を3万円ほどまで落とすことができました。

また、別れた妻と相談して養育費も減額することになったため、今では給料だけで生活できています。一時は何のために働き生きているのかわからない状態でしたが、希望の光が見えて前向きな気持ちになることができました。

 

ページの先頭へ