体験談1

ここでは弁護士事務所に相談して個人再生により借金解決をした人の体験談を紹介しています。

手に入れたマイホームを手放さずに済んだ

(Yさん:50代・女性)

私はシングルマザーで働きながら何とか子供を育て、がんばって念願のマイホームも手に入れることができました。

ところが、ある時エステの勧誘に乗って予想外の出費をしたことを発端に、その後リフォーム詐欺にも引っかかってしまい、複数の貸金業者から借入れをする事態になりました。

負債額は住宅ローンを除いても600万円に膨れ上がり、返済も滞っていたため1社から提訴され判決も出てしまいました。

マイホームを売却して長期の保険を解約するしかないと考えていましたが、ダメ元で弁護士事務所に相談することにしました。担当の弁護士さんからは住宅や保険を残しつつ借金を整理する方法として個人再生を提案されました。

それができるならと思って正式に依頼。裁判所に申立をしたところ個人再生開始決定を得ることができました。そのため判決による強制執行は行われずに、住宅ローンはそのまま継続して返済することで合意。その他の負債を約120万円に減額して3年で返済することになりました。

これからも借金の返済は続きますが、支払いの見通しが立ったことで精神的にかなり楽になりました。何より苦労して手に入れたマイホームを手放さずに済んだことがよかったです。

年金生活者でも返せなくなった借金を大幅に減額できた

(Oさん・70代・男性)

5年ほど前に私は頭金200万円として700万円の住宅を購入しました。ローンを組んだのは500万円でしたが、返済の途中からだんだん苦しくなり生活費をクレジットカードで支払っていました。

気がつくと借金額が増えており総額が900万円近くになっていました。年金生活者のため、このままでは破綻してしまうと考え、任意整理をするために弁護士事務所に相談することにしました。

ところが住宅ローンの他に自動車のローンも残っていたため、それらを除いて任意整理をしても返済可能な額まで借金を減らすことができないという結果でした。

住宅を守るために個人再生することを提案され、それに従って申立てをすることにしました。その結果、住宅ローン以外の借金が約150万円まで減額され、月々の返済額は4万5千円ほどになったので借金を返しながら生活ができるレベルになりました。

長い間、誰にも相談できずにいましたが、弁護士の先生から適切に対応していただき助かりました。再生計画が決定した時は本当にうれしかったです。

 

ページの先頭へ