HOME » 債務整理の方法一覧 » 任意整理 » メリットとデメリット

メリットとデメリット

ここでは任意整理を行うことで考えられるメリットとデメリットについて解説しています。

任意整理のメリット・デメリット

任意整理は借金返済の負担を軽くするための有効な手段ですが、メリットとデメリットがあります。どのようなことが考えられるのか整理してみましょう。

メリット

手続きが簡単で周囲に知られることがない

任意整理は裁判所を通さずに弁護士が示談で借金を減額する手続きなので、債務者の負担が少なくて済みます。また、個人再生や自己破産のように官報に掲載されることもなく第三者に知られずに債務を整理することができます。

借金が減額し無理なく返済が可能になる

利息制限法に基づいた引き直し計算により借金が減額になったり、過払い金がある場合は返還請求が可能です。また任意整理後の利息がゼロになることが多いので、以前と比べて無理のない返済計画を立てることができます。

特定の貸金業者のみを対象に債務整理が可能

自己破産や個人再生のようにすべての貸金業者を対象に手続きをする必要はなく、利息の高い業者だけを相手に整理手続きを進めることができます。例えば車のローンは返済を継続するといったことができるので必要な資産を残せます。

デメリット

一定期間ローンやクレジットを利用できなくなる

任意整理を行うと信用情報機関に記録される(ブラックリストに載る)ため、5~7年程度は新たにローンを組んだりクレジットカードを利用することができなくなります。

借金の減額の幅は他の債務整理に比べると小さい

任意整理は借金の額を減らして可能な範囲で返済計画を立てることが目的のため、自己破産のように借金がゼロになるということはありません。他の債務整理と比較すると債務の減額の幅は小さいと言えます。

すべての業者が任意整理に応じるとは限らない

任意整理はあくまで話し合いにより解決する手段のため、貸金業者によっては和解が成立しない場合があります。また、あまり交渉を長引かせてしまうと貸金業者側が裁判手続きによる支払い督促を行う可能性もあります。

ページの先頭へ