HOME » 債務整理の方法一覧 » 任意整理 » 手続きの流れ

手続きの流れ

ここでは弁護士事務所に任意整理の依頼する時の手続き開始から解決までの流れについて解説しています。

任意整理の手続きの流れ

任意整理はまず弁護士事務所に相談するところから始まります。弁護士は相談者の借入先や現在の債務額、取引開始年月を確認して任意整理が可能かどうかを判断します。

相談により任意整理で借金問題を解決する方針となった場合は、以下のような流れで手続きを進めていきます。

1.委任契約

弁護士に相談して正式に依頼することが決まったら委任契約を締結します。この時、着手金や報酬など弁護士費用の説明を受けますが、資金面が厳しい場合には分割払いなどの相談もしておきます。

2.受任通知・取引履歴の開示請求

弁護士は債務整理を受任した段階で各貸金業者に対して受任通知を送付します。受任通知が貸金業者に届くと借金の督促や支払いがストップします。受任通知と同時に貸金業者に取引履歴の開示請求を行います。

3.引き直し計算・借金総額の確認

貸金業者から取引履歴の開示を受けたら利息制限法(15~20%)に基づいて金利の引き直し計算を行います。過払い金の発生や借金の残額がどのくらい圧縮できるかを確認して依頼者の借金の総額を正確に把握します。

4.和解案の作成・交渉

引き直し計算により3~5年で返済が可能な状況であれば、任意整理での返済条件を定めた和解案(弁済案)を作成し、各貸金業者へ送付します。その後は和解案に沿って弁護士が各貸金業者と交渉を行います。

5.和解契約の締結

提示した和解案に同意し交渉が成立した貸金業者から和解契約の締結を行っていきます。和解に同意してもらえない場合は和解案を検討し直したり、場合によっては裁判所の特定調停手続を利用することもあります。

6.和解契約に基づく返済開始

無事に和解が成立したら後は契約に従って返済していくだけです。通常は弁護士事務所にまとめて支払い、各貸金業者へ割り振ってもらいます。和解契約通りに支払いができないと貸金業者から契約違反で訴えられるため注意が必要です。

ページの先頭へ