HOME » 債務整理の方法一覧 » 任意整理 » 費用相場

費用相場

ここでは任意整理を依頼をした時の弁護士費用の相場について解説しています。

任意整理にかかる弁護士費用の相場

弁護士事務所に任意整理を依頼する場合は、着手金、基本報酬、減額報酬といった項目で費用が発生します。

弁護士事務所によって各報酬の料金体系は異なるため、平均的な費用を明らかにするために、いくつかの事務所の任意整理にかかる費用を調査してみました。

  着手金・基本報酬 減額報酬 その他
K事務所  1社当たり2万円  減額分の10%  
Y事務所  債権者1社ごとに2~5万円  なし  債権者ごとに事務手数料1万円
過払い金は返還金額の16~18%
D事務所  1社当たり4.32万円  減額分の10.8%  過払い金は返還金額の21.6%
H事務所  1社当たり4万円  減額分の5%  過払い金は返還金額の20%
B事務所  1社当たり4万円  減額分の10%  事務手数料別途

ほとんどの弁護士事務所で着手金や基本報酬が固定制ではなく債権者の数によって変動する料金体系になっていることがわかります。

これらの相場は1社あたり2~4万円程度ですので、借入先が多いほど総額が高くなると考えてよいでしょう。

減額報酬の相場は任意整理によって減額された借金の10%が相場となっています。中には減額報酬が無い弁護士事務所もありますが、その場合は着手金や基本報酬が高めに設定されています。

また引き直し計算を行なって過払い金が発生する場合は、減額報酬とは別に返還された金額の20%程度の過払い報酬を支払うことになります。

任意整理は裁判所を通さずに債務整理を行う手段のため個人再生や自己破産のように予納金(裁判所費用)はかかりません。

比較的安く借金問題を解決できるのが任意整理ですが、着手金などの支払いが厳しい場合はほとんどの弁護士事務所で後払いや分割払いに応じてもらえます。

この他、事務手数料など細かな料金が発生する可能性もあるので、弁護士費用の支払いが心配という場合は委任契約を結ぶ際に相談して支払い方法を決めておくとよいでしょう。

ページの先頭へ