HOME » 債務整理の方法一覧 » 自己破産 » メリットとデメリット

メリットとデメリット

ここでは自己破産を行うことで考えられるメリットとデメリットについて解説しています。

自己破産のメリット・デメリット

自己破産はマイナスイメージばかりが目立つことが多いですが良い面もあります。では、一体どのようなメリットとデメリットがあるのか、以下の通りまとめてみました。

メリット

ほぼすべての債務が免責になる

裁判所から自己破産の免責許可が下りると税金を除くすべての支払い義務が免除になります。いくつか債務整理の方法がある中で借金がゼロになるのは自己破産だけで、最も効果がある手段と言えます。

借金の取り立てや支払いが止まる

弁護士が債権者へ自己破産の受任通知を行うと借金の取り立てがストップします。また自己破産の手続き開始決定後は債権者側から差し押さえなどの強制執行手続きができなくなるので、債務者は支払いの催促に悩まなくなります。

デメリット

新たに借金やローンを組むことができなくなる

信用情報機関に自己破産をしたことが記録されてしまう(ブラックリストに載る)ので、7~10年程度は新たにローンを組んだりクレジットカードを利用することができなくなります。

一定の財産を手放さなくてはいけない

マイホームや自動車など原則20万円以上の価値がある財産は処分されることになります。また財産があって管財事件として扱われると、自己破産の手続きが完了するまで裁判所の許可なしには長期の旅行や転居ができないなどの制限があります。

免責不許可事由がある

自己破産の申立てを行なっても免責が認められないケースがあります。ギャンブルや無計画な浪費が原因の借金は免責不許可事由に該当するため、裁判所が免責決定を出さないことも考えられます。

職業・資格制限がある

破産者は免責決定を受けるまでの期間(3ヶ月~半年間くらい)、一部の職業に就く事ができなくなります。具体的には弁護士、司法書士、税理士、不動産鑑定士といった士業の他、証券会社外務員、生命保険募集人などです。

官報に掲載されてしまう

国が発行する「官報」という機関紙に住所・氏名や破産者情報、相続人調査等に関する情報が掲載されることになります。但し、一般の人はあまり目にする媒体ではないので大きな問題になることはありません。

ページの先頭へ