HOME » 債務整理の方法一覧 » 自己破産

自己破産

ここでは自己破産とはどのような債務整理の方法なのか、その概要について解説しています。

借金をゼロにする債務整理の最終手段

自己破産とは債務者が裁判所に申し立てをして支払不能であることを認めてもらい、借金の免責決定を得るための債務整理手続のことです。

自己破産をすると原則としてすべての借金の支払義務は無くなりますが、いわゆる清算手続きに属するため、持ち家や車など一定の財産を処分することが必要になります。

但し、20万円以下の預貯金など裁判所が定める基準を超えない財産は処分する必要はありません。

処分する財産が何もない場合は、破産開始決定と同時に破産手続きが終了し、同時廃止事件として扱われます。住宅などを所有していなければ同時廃止になることがほとんどで、統計上では9割が同時廃止事件となっています。

債務者に財産がある場合や、免責不許可事由がある場合には管財事件として扱われ、裁判所が選任した破産管財人が財産を管理して処分し、債権者に配当を行います。管財人の選任が必要な時には裁判所に管財人費用を予納することが必要です。

自己破産は債務整理の最終手段です。したがって、弁護士に依頼して自己破産の手続きを進める場合でも、任意整理や個人再生といった方法も検討されます。

利息制限法に基いて借金の引き直し計算をした結果、多額の過払い金が発生している場合は、それを返済に充てることで自己破産をしなくて済むケースもあります。

自己破産を行うと財産は処分され、新たに借金やクレジットカードを作ることができなくなったり、一定期間の資格制限(職業制限)があるのでマイナスイメージが強いですが、借金に追われる生活から開放され人生を再スタートできる手段とも言えます。

自己破産のメリット・デメリットや手続きの流れ、費用相場についてはさらに詳しく解説していますので検討中の方は参考にしていただければ幸いです。

  • メリット・デメリット
    自己破産を行なった場合に考えられるメリットとデメリットについて説明しています。
  • 手続きの流れ
    自己破産がどのような手順で進められるのか、大まかな流れについて解説しています。
  • 費用相場
    主な弁護士事務所の自己破産にかかる費用を調査し、報酬額などの相場について紹介しています。
     

ページの先頭へ