TOP » 債務整理の方法一覧 » 過払い金請求 » 手続きの流れ

手続きの流れ

ここでは弁護士事務所に過払い金請求の依頼をしてから返還されるまでの流れについて解説しています。

過払い金返還請求の手続きの流れ

過払い金請求を行う場合は、まず弁護士事務所に相談することから始めます。相談の際は借入先リストや利用履歴、支払明細などを準備しておくとよいでしょう。相談後の手続きの流れは以下の通りです。

1.委任契約

過払い金請求が可能であるかどうかを弁護士が検討し、手続きの流れや取り戻せる見込みなどについて、相談者へ説明を行います。相談者と弁護士の双方が納得すると弁護士事務所と委任契約を締結します。この時、過払い金請求手続きの方針や流れなどの説明を受け、手続き費用や報酬金なども確認します。

2.受任通知・取引履歴の開示請求

過払い金請求を依頼すると弁護士が各貸金業者に対して受任通知を発送します。債務が残っている場合はこの段階で返済・取引がストップします。また、同時に過払い金を確定するために貸金業者へ取引履歴の開示請求を行います。

3.引き直し計算・過払い金請求

開示された取引履歴をもとに利息制限法(上限年率15~20%)に基づいて引き直し計算を行い、過払い金がどのくらいあるかを確定。その内容に従って貸金業者へ対して過払い金返還請求書を送付します。

4.貸金業者との交渉

過払い金請求の意思表示をした後に貸金業者と交渉を行います。貸金業者が減額を求めてくるなど双方の主張する金額に差がある場合は交渉が長引く可能性もあります。合意ができて和解が成立したら双方で合意書を取り交わします。

5.過払い金返還請求訴訟の提起

交渉により和解が成立しなかったり、貸金業者が返還に応じなかったりする場合は裁判所に訴訟を提起します。過払い金の金額が140万円以下であれば簡易裁判所、140万円を超える場合は地方裁判所に提訴します。

6.過払い金の返還(解決)

貸金業者と和解が成立した、あるいは裁判所で和解できた場合、または判決が確定した場合には過払い金が返還されます。早い段階で和解できれば3~4ヶ月。訴訟を提起して貸金業者が抵抗した場合、長ければ1年以上かかるケースもあります。返還された過払い金によって弁護士の費用を精算して無事解決となります。

ページの先頭へ