費用相場

ここでは弁護士事務所に過払い金請求の依頼をした時の費用相場について解説しています。

過払い金返還請求にかかる弁護士費用の相場

弁護士事務所に過払い金請求を依頼する場合は、当然のことながら手続きや報酬などの費用が発生します。

貸金業者1件ごとに着手金がかかる場合、報酬金のみの場合など各弁護士事務所によって料金設定は異なります。

そこで相場を把握するためにいくつかの事務所の過払い金請求にかかる費用を調査してみました。

着手金・基本報酬 過払い報酬 その他
K事務所  なし  返還金額の18%
Y事務所  なし  返還金額の16~18%  口座事務手数料3万円
D事務所  1社当たり4.32万円  返還金額の21.6%  借金を完済した場合は着手金無料
H事務所  なし  返還金額の20%  裁判費用1社当たり1万円
B事務所  1社当たり4万円  返還金額の20%  事務手数料別途

過払い金請求の弁護士費用については任意整理の料金体系をベースにされているケースが多くなっています。

任意整理の場合は着手金+報酬金というパターンなのに対し、過払い金請求については初期にかかる着手金なし+報酬金としているところがほとんどです。

また、過払い金請求の着手金を設定していても、過払い請求をして債務が残らない場合は着手金ゼロになる事務所もあります。

過払い金請求を依頼した場合の費用のメインとなるのは過払い報酬金で、返還金額の20%前後が相場と考えてよいでしょう。但し、和解ではなく訴訟を提起して解決した場合はプラス5%程度上乗せされるケースが多数です。

この他、事務所によっては「着手金」という名目では費用は発生しないものの、解決した場合は「解決報酬金」として1社につき数万円かかることもあります。

過払い報酬金や解決報酬金が「成功報酬金」と表現されていることもあり、各事務所で表記方法が統一されていないので注意が必要です。

また、事務手数料については別途かかる可能性があるので、報酬金も含め契約時に細かい費用までしっかり確認しておくことをおすすめします。

ページの先頭へ