HOME » 債務整理の方法一覧 » 過払い金請求

過払い金請求

ここでは過払い金とは何のことか、その発生理由や背景について解説しています。

グレーゾーン金利が過払い金を発生させた

テレビや電車広告などを見て、「過払い金請求」という言葉だけは知っているという方も多いのではないでしょうか。

過払い金請求とは貸金業者に対して払い過ぎた利息を取り戻す請求手続きのことなのですが、これだけではよくわからないかもしれません。

それをよく理解するにはまず2つの法律とグレーゾーン金利について知っておく必要があります。

利息について定めた法律には利息制限法と出資法の2種類があります。以前から利息制限法では貸金の上限利率を元金額に応じて年率15%~20%に定めていました。

一方、出資法で定められている利息の上限は平成22年以前は29.2%で、貸金業者のほとんどは貸付の際に出資法の上限利息を採用していました。利息制限法に違反しても出資法の上限を守っていれば罰則がなかったからです。

この利息制限法と出資法の利息の差のことをグレーゾーン金利と呼びます。やがてこのグレーゾーン金利について問題視されるようになり、平成18年に最高裁判所は利息制限法の上限金利を超えるグレーゾーン金利を認めない判決を出しました。

その後、平成18年に貸金業規制法は改められ貸金業法として平成22年に施行。この時出資法も改正され上限金利が20%に引き下げられたことから、それ以降グレーゾーン金利は無くなりました。

つまり、過払い金とは平成22年以前のグレーゾーン金利によって発生していた払い過ぎの利息ということになります。

取引終了後10年以内であれば過去に払いすぎた利息の返還請求ができるため、以前に賃貸業者から借金をしていた人が一斉に過払い金請求をするようになったというわけです。

なお、借入先の貸金業者が倒産してしまうと過払い金があっても返還されなくなる可能性が高くなるため、心あたりがある場合は早めに行動することが重要です。

過払い金請求のメリット・デメリットや費用相場などについてはさらに詳しく解説していますので気になる方は是非参考にしてください。

ページの先頭へ