TOP » 債務整理の方法一覧 » 民事再生(個人再生) » メリットとデメリット

メリットとデメリット

ここでは民事再生手続きを行うことで考えられるメリットとデメリットについて解説しています。

民事再生のメリット・デメリット

民事再生は借金を大幅に圧縮できる債務整理の手段としてよく知られていますが、どのようなメリットとデメリットがあるのかを以下の通りまとめてみました。

メリット

マイホームを手放さなくて済む

民事再生(個人再生)で「住宅資金特別条項」という特則を利用すると、住宅ローンを除て借金を整理できます。すると自己破産のようにマイホームを処分することなく進められるので、せっかく買った家を失わずにすみ、安心です。

免責不許可事由がない

自己破産の場合はパチンコや競馬などのギャンブルや無計画な浪費による借金があると免責が認められず借金を整理できない可能性がありますが、民事再生の場合はこうした免責不許可事由の定めがないためほとんどすべての借金のケースでの手続きが可能です。

大幅に借金が減額できる

住宅ローン以外の借金は最大5分の1~10分の1程度まで減額できるので、任意整理と比べると減額の幅が大きく、返済をより楽にすることができます。

職業制限がない

個人民事再生では給与所得者再生、小規模個人再生いずれの場合であっても、自己破産のように一定の職業(士業や警備業など)に就けないといった職業制限はありません。

デメリット

一定期間新たな借金やローンを組むことができなくなる

信用情報機関に民事再生をしたことが記録されてしまう(ブラックリストに載る)ので、5~10年程度は新たにローンを組んだりクレジットカードを利用したりすることができなくなります。

手続きが認められる条件が厳しい

個人再生は借金がゼロになる債務整理ではないので、減額された借金を返済するための一定の収入が見込めなければ手続きできません。また小規模個人再生の場合は債権者の半数以上の同意が必要など条件が厳しくなっています。

官報に掲載されてしまう

個人再生をすると、国が発行する「官報」という機関紙に住所・氏名が掲載されることになります。一般の人が目にすることはほとんど無いですが、破産後に悪徳貸金業者が借金の勧誘をしてくる可能性が考えられます。

手続きが複雑で時間がかかる

いくつかある債務整理の中で最も書類作成や手続きが複雑と言われ、弁護士に依頼しても裁判所に申し立てするまでに1~2ヶ月程度かかります。その後、計画案を提出し金額が決まるまでに3~5ヶ月程度、さらに支払い開始までに1ヶ月程度かかります。

ページの先頭へ