費用相場

ここでは弁護士事務所に民事再生を依頼をした時の費用の相場について解説しています。

民事再生にかかる費用の相場

民事再生(個人再生)は裁判所を通じて行われるため、弁護士費用だけでなく裁判所への予納金や申立手数料なども必要になります。

まずはいくつかの弁護士事務所の民事再生にかかる費用について調査しましたので、確認していきましょう。

  着手金・基本報酬 その他
K事務所  25万円  別途実費
Y事務所  28万円  予納金、申立印紙代などの実費(3万円程度)
 住宅ローン特別条項を利用する場合10万円加算
D事務所  51.84万円(住宅ローン特例あり)
 41.04万円(住宅ローン特例なし)
 再生委員報酬、申立費用(3万円)は別途
H事務所  38万円(住宅ローン特例あり)
 28万円(住宅ローン特例なし)
 申立時費用+事務手数料3万円
 再生委員の報酬
B事務所  44万円(住宅ローン特例あり)
 34万円(住宅ローン特例なし)
 裁判所申立費用3万円

民事再生を弁護士に依頼する場合は着手金・基本報酬が費用の大部分となります。任意整理の時のように弁護士の交渉によって減額幅に違いが出るといったことがないので、成功報酬・減額報酬といった項目はありません。

弁護士は民事再生を受任すると長期間に渡り、申立てをする際の書類作成や手続きを積み重ねなくてはならないので、それに対する報酬と考えておけばよいでしょう。

報酬の相場としては30~40万円程度となっており、住宅ローンの特例の有無で10万円くらいの差が生じます。

住宅ローン特例を利用すると支払期限の延長などが可能になりますが、そのためには、あらかじめ債権者と支払方法やスケジュールを協議しなければならないためその分が上乗せされるかたちになります。

その他、申立手数料や事務手数料、再生委員が選任された場合はその報酬も別途必要になるため、任意整理と比べると全体の費用は高めになります。

但し、民事再生の場合は借金の元本が大幅に減額できるので、きちんとした再生計画を立てればそれほど負担にはならないはずです。

また弁護士事務所の方で分割払いにも応じてもらえるので、報酬の支払いについては事前に相談しておくとよいでしょう。

ページの先頭へ