HOME » 債務整理の方法一覧

債務整理の方法一覧

ここでは代表的な4つの債務整理の方法について調査。それぞれの概要について解説しています。

4種類ある債務整理の方法の違い

債務整理とは借金を整理して返済に苦しむ人の負担を軽減することですが、借金の総額や債務者の状況によって選択する方法は異なります。

そこで最近テレビ広告でもよく知られるようになった過払い金請求から任意整理、民事再生、自己破産まで、それぞれどのような考え方をしてどこが違うのかをまとめました。

過払い金請求

過払い金請求とは貸金業者に対して払い過ぎた利息を取り戻す手続きです。以前、貸金業者は出資法で定められた上限利息で貸付をしているところがほとんどで、利息制限法の上限枠を超えていました。

しかし平成22年から本来従うべき利息制限法の上限金利に合わせて出資法も改正されたためそこに差額が生まれました。過払い金請求とはこの差額分を返還請求することで、取引終了から10年以内であれば手続きが可能になっています。

>>過払い金請求の流れと費用相場

任意整理

任意整理とは裁判所などの公的機関を通さずに貸金業者と直接示談交渉することで借金を減額する手続きのことです。

過払い金請求の時と同様に利息制限法に従って引き直し計算をして払い過ぎていた分を元金返済に充当。残債を分割で支払うという交渉を行います。また、その後の利息は免除になることがほとんどなので債務者の負担が減り、無理なく返済が可能になります。

>>任意整理の流れと費用相場

民事再生

民事再生とは裁判所に申立てをすることによって住宅ローンを除く借金を原則として5分の1まで減額して、残金を3年の分割払いで返済する手続きのことです。

利息制限法に基づく引き直し計算をしても残金を返せる見込みがなかったり、マイホームを手放さずに借金を大幅に圧縮したいという場合に行われます。

手続きをするためには借金総額が5,000万円以下で継続的収入があるなど条件がありますが、認められれば債務者の負担を大きく減らすことができます。

>>民事再生の流れと費用相場

自己破産

自己破産とは裁判所に申し立てをして支払不能であることを認めてもらい、借金の免責決定を得る手続きのことです。自己破産をするとすべての借金支払義務は無くなりますが、20万円以上の財産は処分されます。

財産が何もない場合は同時廃止事件として扱われ、破産開始決定と同時に破産手続きが終了します。財産がある場合や免責不許可事由がある場合には管財事件として扱われ、破産管財人が財産を管理・処分して手続きが進められます。

>>自己破産の流れと費用相場

以上、4つの債務整理の方法のメリット・デメリット、手続きの流れ、弁護士費用の相場などはさらに詳しく解説していますので、気になる方は是非参考にしてください。

ページの先頭へ