TOP » 債務整理を扱う弁護士に聞いた法律コラム » 過払金請求ができない場合はある!?

過払金請求ができない場合はある!?

過払金請求ができない場合があるというとは知っていますでしょうか。自己破産や借金をした場合に、もらうことができる過払金請求ですが、いつまでももらえると安心していてはいけません。なぜなら過払金請求は、一定の条件では受け取る事ができないのです。

そこでこの記事では、過払金請求をすることができないケースを詳しく説明します。過払金請求が受け取れる条件の方はすぐにでも申し込みましょう。でないと、せっかくの過払金請求を受け取る事ができなくなってしまいます。この記事を参考に、過払金請求を受け取ることができないケースを理解しておきましょう。

過払金請求ができないケースを紹介

過払金請求ができないケースは主に2つがあります。

  • 貸金業者の倒産
  • 期限をすぎての過払金請求

上記にあげた条件があてはまっている方の場合は、過払金請求をすることができません。それでは、上記の2つにについて、なぜ過払金請求ができないのかという理由を詳しく説明します。

貸金業者の倒産

貸金業者が倒産してしまった場合には、過払金請求ができません。現代では、貸金業者の経営状況が軒並み悪化しています。経営悪化により倒産をしてしまうと、取り戻せるはずであった過払金を受け取ることができない、または、過払金を減額されてしまうのです。

しかし、倒産は突然やってくるものなので、未然に防ぐことはできません。もしも、未然に防ぐとなれば、貸金業者が倒産していない間に、過払金請求を行うことでしょう。いつまでも過払金請求を行わないでいると、もらえなくなってしまう可能性がありますので、注意が必要です。

期限をすぎての過払金請求

過払金請求には期限があることを知っていましたか?過払金請求には借金を最後に返済した時点から10年、という期限が定められており、その期限内に過払金請求をしなければなりません。

もしも10年という期限をすぎてしまった場合には、過払金請求権を剥奪されてしまいます。たとえ多額の過払金があったとしても、一切を受け取ることができません。

ですので、もしも過払金請求の期限が迫っている場合は、すぐに法律事務所に相談をしましょう。取り戻せるお金は必ず取り戻すようにしましょう。

上記以外は過払金請求を受けることができる

しかし、上記の条件に当てはまらない場合は、過払金請求をすることができます。例えば、契約書を紛失してしまった場合や、調停で和解している場合などは、過払金を受け取ることができます。

契約書を無くしたとしても、先ほど説明した上記の2点にあてはまってさえなければ過払金請求をすることができます。過払金請求ができない条件には共通項があり、どちらも早めに過払金請求を行えば過払金を受け取ることができるということです。早めに請求をすることで対処できますので、過払い金を受け取ることができるからといって安心するのではなく、なるべく早めに過払金請求を行うようにしましょう。

過払金は借金返済中でも可能

過払金請求は、完済してからでないともらえないと考えている方は多いでしょう。しかし、そういったルールは過払金請求においては存在しません。借金を返済している途中でも、過払金請求をすることができるのです。ですので、完済していないからとって過払金請求ができないということはありませんので、積極的に利用しましょう。

返済中の借金よりも、過払金の方が多くなった場合には、それだけで完済することができるのです。実際にそういった事例はありますので、期限が過ぎないうちに、過払金請求をしておきましょう。

まとめ

ここまで過払金請求ができない場合についてを説明しましたは、少し長くなりましたのでまとめます。過払金請求が2点の条件の内、どちらか一つでも当てはまっている場合は、過払金請求をすることができません。その2とは、「貸金業者が倒産した場合」「過払金請求の期限が過ぎてしまった場合」この条件が1つでもあてはまっている場合には、過払金請求をすることができません。

しかし、条件に当てはまっていない場合には、契約書を紛失したとしても過払金請求をすることができます。条件に当てはまっておらず、借金を返済中または完済したという方はすぐに過払金請求を行いましょう。借金を完済して新しい人生を始めましょう。

ページの先頭へ