HOME » 債務整理のプロに聞いた法律コラム » 一本化すると借金はどうなる?

一本化すると借金はどうなる?

ここでは借金の一本化の概要について解説。また任意整理との違いについても説明しています。

借金の一本化ってどういうこと?

借金の一本化とは複数の貸金業者からの借金を、銀行など別の金融業者から低金利で貸付してもらって完済し、借入先を一つにすることを言います。

いわゆるおまとめローンと呼ばれるもので、そのほとんどは一般のローンやキャッシングよりも低い金利が設定されています。

そのため金利負担が軽くなって毎月の返済額を抑えることができる、返済日も1つにできるので借金の管理がしやすくなるといったメリットがあります。

多重債務者にとってはありがたいと感じるかもしれませんが、注意すべき点もあります。その一つは決して借金が無くなったわけではないということです。毎月の返済額が減ったとしても、金利は付きますし返済期間が今までより延びてしまうこともあります。

また、おまとめローンを組む際は利息制限法による引き直し計算をすることはありませんので、それまでの借金を完済する時に本来は支払わなくてよい金利分まで負担している可能性があります。

さらに、おまとめローンは審査が厳しく、保証人を要求されたり不動産担保が条件ということもあり、逆に厳しい状況に追い込まれるケースもあるので慎重に検討すべきです。

任意整理と比較してどこが違うか

債務整理の手段の一つである任意整理は、おまとめローンのように借入先を一つにすることは目的としていません。そのため借入先は複数のままですがその数が減る可能性はあります。

なぜなら利息制限法の上限金利に基いて引き直し計算を行うため、超過金利分を元金に充当して借金を減額したり、場合によっては過払い金が発生していて完済してしまう借入先が出てくるからです。

また、債務が残っていてもその後の金利はカットになることがほとんどのため、元本のみを返済すればよくなり、返済期間が今より長引いてしまうといったことはありません。

もちろん任意整理は手続きが必要なので、おまとめローンと違って申し込んで終わりということはありませんが、弁護士に依頼すれば引き直し計算や交渉などもすべて行なってもらえるので安心です。

特に長期間借入れをしているという場合は、利息の払い過ぎの可能性が高いため、おまとめローンの申込みをする前に弁護士に相談した方がよいでしょう。

ページの先頭へ