HOME » 債務整理のプロに聞いた法律コラム » クレジットカードも過払い金請求できる?

クレジットカードも過払い金請求できる?

ここではクレジットカードの過払い金請求の条件と注意点について解説しています。

クレジットカードのキャッシングは過払い金請求の対象

クレジットカードとは利用者の信用に基づいて発行されるカードのことで、有効期限や利用可能枠の範囲で後払いのショッピングやキャッシングが可能です。

クレジットカードによるショッピングについては借金ではなく立替払いという扱いになります。したがって利息制限法を超える利率というのが無いため、過払い金が発生することはありません。

キャッシングについてはクレジットカードにキャッシング枠が設定されていればATMから現金を引き出すことが可能で、これは利息がつく借金として扱われます。

つまり消費者金融で借入れをすることと同じなので、長期間クレジットカードのキャッシングを利用している人は利息制限法を超える利息をとられ、過払い金が発生している可能性があります。

クレジットカードの過払い金請求の手続きは消費者金融に対して行うのと変わりはありません。キャッシング取引の最終取引日から10年経過していると請求できない点も同じです。

クレジットカードの過払い金請求で注意したいこと

クレジットカードの過払い金請求を行う場合はその性質上、注意しなければならない点があります。

まず、ショッピングの債務が残っている時に過払い金請求をした場合はキャッシングの過払い金のみを切り離して請求することはできません。キャッシングの過払い金によりショッピングの残債を支払った上で、それでも残る過払い金について請求することになります。

ショッピングの残債を過払い金で支払うことができない場合は、逆に利用者がクレジットカード会社に残金を支払う必要があるので要注意です。

また、クレジットカードの過払い金請求をすると、その後そのクレジットカード会社のカードは利用できなくなります。同じ会社のクレジットカードを複数所有している場合はすべて使えなくなってしまいます。

その他、携帯電話の料金や公共料金など定期的な引き落としがある場合、過払い金の請求中から引き落としができなくなりますので注意が必要です。

クレジットカードの過払い金が発生しているかどうかは、取引履歴を開示してもらい確認した上で慎重に行う必要があるため、まずは弁護士に相談するのがよいでしょう。

ページの先頭へ