HOME » 債務整理のプロに聞いた法律コラム » 【徹底検証】過払い金は自分で計算できるのか

【徹底検証】過払い金は自分で計算できるのか

ここでは過払い金の引き直し計算の基本的な考え方について事例を使って解説しています。

過払い金の引き直し計算の基本

過払い金とは借金の返済時に貸金業者に払い過ぎた利息のことで、利息制限法の上限金利と出資法の上限金利の範囲で貸金業者が設定した利息との差を計算することで明らかにすることができます。

これを引き直し計算と言いますが、まずは基準となる利息制限法の上限金利を理解しておかなければなりません。利息制限法では以下のように金額によって上限金利が定められています。

借入の金額 利息
10万円未満 年20%まで
10万円以上100万円未満 年18%まで
100万円以上 年15%まで

一方、出資法の上限金利は金額に関わらず29.2%です。この金利の数字を見てもかなりの違いがあることがわかりますが簡単な実例を使って比較してみましょう。

100万円を借りて1ヶ月後に5万円を返済したとしましょう。貸金業者が出資法の上限金利いっぱいの29.2%で貸し出したとすると1ヶ月分の利息は以下の通りです。

1ヶ月分の利息=100万円×29.2%÷12=24,333円

5万円を返済すると1ヶ月後元金への返済分は次のようになります。

1ヶ月の元金返済分=50,000円-24,333円=25,667円
1ヶ月後の元金=100万円-25,667円=974,333円

それでは、利息制限法の上限金利をもとに同じように計算してみましょう。

1ヶ月分の利息=100万円×15.0%÷12=12,500円
1ヶ月の元金返済分=50,000円-12,500円=37,500円
1ヶ月後の元金=100万円-37,500円=962,500円

両者を比較してみると1ヶ月分の利息の差は24,333円-12,500円=11,833円となりますが、これが過払い金の部分です。

1ヶ月だけの計算でこれだけの差がありますから、何年も返済を続けていけばどれだけ過払い金の額が膨れ上がるかは想像できるでしょう。

自分で過払い金計算するのは可能か

過払い金計算は理論的には自分で計算することは可能です。しかし、実際に行うのはかなり困難な作業になることは間違いありません。

上記の例では1ヶ月だけですが、長期の過払い金を正確に算出するとなると元本のマイナス分も考慮する必要があり、計算がもっと複雑になります。複数の業者から借金があればその数だけ計算を行わなければなりません。

また一度完済していたり、自分の計算通り相手に納得してもらえるとは限りませんので再計算や交渉といったことが必要になります。

自分の借金に過払い金があるかを確かめるために計算してみるのはよいと思いますが、正確な引き直し計算と過払い金請求に関してはやはり弁護士に依頼した方が安心です。

ページの先頭へ