債務整理を考えるすべての人へ

債務整理を考えるすべての人へ

借金問題に悩むあなたのために、債務整理の方法や弁護士に相談するための手続きの流れ、費用相場などの情報をまとめました。債務問題の自己診断チェックや体験談、弁護士事務所監修のもと、コラムも書いています。

債務整理の方法

過払い金請求

利息制限法にしたがって借金の利息の引き直し計算をして、過去に貸金業者に対して払い過ぎた利息(グレーゾーン金利)を取り戻す手続きです。

弁護士と委任契約を結ぶと貸金業者に対して受任通知が送られ返済中の取引はストップ。開示された取引履歴をもとに過払い金請求を行うといった流れになります。

完済後10年以内であれば過払い請求を行うことができ、信用情報機関に記録される(ブラックリストに載る)ことはありませんが、請求先の貸金業者からはその後に借金をすることはできなくなります。

弁護士費用については着手金がかかることはほとんどなく、報酬については返還金額の20%程度が相場となっています。

過払い金請求について詳しく見る
任意整理

裁判所を通さずに弁護士が代理人となって貸金業者と示談交渉することで借金を減額する手続きのことで債務整理の中では最もオーソドックスな方法です。

弁護士が各貸金業者に対して受任通知をすると借金の督促や支払いはストップ。その後、利息制限法に基づく引き直し計算を行い、借金の減額交渉をして和解という流れになります。

手続きが簡単で、ほとんどは任意整理後の利息がゼロになるので返済が楽になります。但し、信用情報機関に記録されるため5~7年はローンを組むことができなくなります。

弁護士費用については着手金・基本報酬として1社あたり2~4万円程度、また減額分の10%の減額報酬がかかるのが相場となっています。

任意整理について詳しく見る
民事再生(個人再生)

裁判所に申立てをすることによって住宅ローンを除く借金を原則として5分の1まで減額して、残金を3年の分割払いで返済する手続きのことで個人債務者が対象となります。

借金総額を確認後に申立書類を作成。裁判所への申立てを行い個人再生委員が相当と判断すれば手続開始が決定します。その後、再生計画案を提出し認可されれば返済開始という流れになります。

マイホームを手放すことなく大幅に借金が減額できるのがメリットで、自己破産のように免責不許可事由や職業制限はありません。手続きが複雑で時間がかかるのとブラックリストに載るので5~10年はローンを組めなくなるのがデメリットです。

弁護士費用については着手金・基本報酬として30~40万円が相場で、住宅ローン特例ありの場合は10万円程度アップします。その他、申立費用は別途実費としてかかります。

民事再生について詳しく見る
自己破産

裁判所に申し立てをして支払不能であることを認めてもらい、借金の免責決定を得る手続きのことです。持ち家や車など20万円以上の財産は処分されますが、借金もゼロとなる債務整理の最終手段です。

最初に引き直し計算により借金の総額を確定し、裁判所に自己破産の申立てをします。処分する財産が何もない場合は同時廃止事件として扱われ、破産開始決定と同時に破産手続きが終了します。

財産がある場合は管財事件として扱われ破産管財人が財産を管理し債権者への配当を行います。無計画な浪費など免責不許可事由がある場合は免責が認められないケースもあります。

弁護士費用については基本報酬20~30万円が相場ですが、管財人事件の場合は管財人費用として20万円程度多くかかります。

自己破産について詳しく見る

弁護士への相談のススメ

弁護士事務所の概要と司法書士との違い、相談先の選び方ポイントについて紹介します。

その1弁護士事務所はこんなところ

弁護士事務所とは一人またはそれ以上の弁護士が法律関係の事柄に従事する事業体のこと。簡単に言うと法律に関わるお悩み相談所です。様々な法律問題を扱いますが、借金の悩みを解決する債務整理もそのうちの一つです。

債務整理を行うには様々な法律の知識が必要になります。したがって、借金問題を抱えている人は弁護士事務所に依頼した方が早いと言えます。また、債務整理を弁護士に依頼した時点で賃貸業者からの弁済要求が止まるので取り立てから開放されます。

弁護士事務所について詳しく見る

その2司法書士との違い

弁護士以外に債務整理を依頼できる先としては司法書士があります。司法書士は法律関係の書類を作成することを主な業務としていますが、2003年の司法書士法の改正により、法務省で一定の研修・考査を受けて認定司法書士になれば、民事事件の相談・交渉・和解が可能になりました。

但し、司法書士ができるのは140万円以下の簡易訴訟代理等関係業務に限られます。140万円を超える借金問題は扱えませんし、地方裁判所への申立て代理人として動くことはできません。一方、弁護士はこのような制限がないためすべての債務整理を扱うことができます。

司法書士との違いについて詳しく見る

その3弁護士事務所の正しい選び方

債務整理のことを弁護士事務所に相談する場合、どこに行けばよいかわからないということがあります。そこで初めてでも安心できる選び方のポイントについて整理しました。

  • アクセスが良く相談しやすいか
  • 債務整理についての知識・実績が豊富か
  • 事務所の規模や受け入れ体制はどうか
  • 費用についての説明があり明確になっているか
  • 親身になって相談に対応してもらえるか

弁護士事務所の情報を知るためには公式サイトに掲載されている情報が参考になります。また、債務整理については無料相談を受け付けているところも多いので実際に足を運んで雰囲気をつかむのも良いでしょう。

弁護士事務所の選び方について詳しく見る

その4知っておきたい債務整理Q&A

債務整理の相談をする際に必要なことは何?、債務整理をすると家族も借入れができなくなってしまう?、弁護士に頼まないと債務整理はできないの?など、債務整理する人のよくある疑問にQ&A形式で答えています。

借金問題に悩んでいるので債務整理をしたいけど、その後がどうなるのか心配でなかなか踏み切れないという人のために、相談する前に知っておくと役に立つ項目を集めてみました。

債務整理に関するQ&Aについて詳しく見る

自分にあった方法が見つかる債務整理の自己診断

現在の借入状況を振り返りながら質問に答えていくと自分の債務危険度が判定できるチェックシートです。

また、YES/NO形式で進んでいくと債務整理の最適な方法がわかる診断チャートも用意しました。あくまで参考程度なので借入や資産状況を弁護士に相談してアドバイスを受けるようにしてください。債務整理の自己診断をしてみる

自分にあった方法が見つかる債務整理の自己診断

体験談1
個人再生手続きをしてマイホームを手放さずに借金を整理した人や借金を大幅に減額した年金生活者の体験談を紹介しています。>>体験談を読む
体験談2
過払い金請求で今までできなかった家族サービスを実現した人や人生を楽しいものに変化させた人の体験談を紹介しています。>>体験談を読む
体験談3
離婚により借金苦になった人や多重債務で自己破産しか方法がないと思っていた人が任意整理で解決した体験談を紹介しています。>>体験談を読む
体験談4
任意整理により債務を半分に圧縮できた人や結婚前に借金を整理して幸せを手に入れた人の体験談を紹介しています。>>体験談を読む
体験談5
過払い金請求で100万円が戻ってきた人や完済するために解約した財形貯蓄以上の金額が戻った人の体験談を紹介しています。>>体験談を読む
体験談6
完済後に過払い金請求をして160万円が戻ってきた人、退職金で支払った中の200万円が返還された人の体験談を紹介しています。>>体験談を読む

債務整理のプロに聞いた法律コラム

債務整理について債務者がよく感じる疑問点・不明点などをピックアップして解説しています。

債務整理にかかる費用相場
債務整理を弁護士に依頼するとどのくらい費用がかかるのか、方法ごとに着手金や報酬額の相場について紹介しています。>>詳しい情報を見る
弁護士に相談するときに知っておきたい3つのこと
弁護士に相談する際に、事前に準備しておくとよい書類や心得ておくべきポイントなどについて紹介しています。>>詳しい情報を見る
グレーゾーン金利を
日本一わかりやすく解説
グレーゾーン金利が生まれる原因となった利息制限法と出資法という2つの法律の存在について解説しています。>>詳しい情報を見る
[最新版]多重債務の実態
多重債務者が生まれる経緯を会社員の例で説明。また金融業者が仕掛ける落とし穴についても解説しています。>>詳しい情報を見る
クレジットカードも過払い金請求できる?
過払い金請求の消滅時効に関して概要を説明。また時効の進行を中断させる方法についても紹介しています。>>詳しい情報を見る
口コミサイトの評判を見分ける4つの方法
債務整理の方法ごとに解決事例を紹介。弁護士事務所に相談して成功するための秘訣を分析し解説しています。>>詳しい情報を見る
過払い金請求の時効とは
過払い金請求の消滅時効に関して概要を説明。また時効の進行を中断させる方法についても紹介しています。>>詳しい情報を見る
任意整理とクレジットカード
クレジットカードの任意整理解決事例について紹介。任意整理後のクレジット審査についても解説しています。>>詳しい情報を見る
自己破産するとどうなる?
自己破産をするとその後どうなるのか、ある会社員を事例として破産前と破産後の生活の違いを比較しました。>>詳しい情報を見る
任意整理と自己破産の違いを徹底解説
任意整理、特定調停、個人再生、自己破産の4つの債務整理方法の違いとそれぞれに緊急度ついて解説しています。>>詳しい情報を見る
小規模個人再生とは
小規模個人再生と給与所得者再生について説明。また個人再生した時の借金総額の変更額について解説しています。>>詳しい情報を見る
【徹底検証】過払い金は自分で計算できるのか
過払い金請求で行われる引き直し計算の考え方を紹介。計算事例と自分で行なう難しさについて解説しています。>>詳しい情報を見る
一本化すると借金はどうなる?
金融機関が提供するおまとめローンについて解説。その考え方や任意整理との違いについても説明しています。>>詳しい情報を見る
監修弁護士事務所

監修弁護士事務所Supervision

当サイトの監修を依頼したのは弁護士法人 心
弁護士20名以上、スタッフを含め総勢60名で、幅広く法律の悩みを解決する弁護士事務所。対応エリアは東京と東海3県で、特定分野に特化した担当制により、あらゆる分野をサポートできます。
債務整理では3,000件以上の解決実績があり、経験豊富な代表弁護士を中心に、チームを組んで対応します。常に正面から相談者と向き合い、業界傾向や解決基準を調査・共有した上でベストな方法を提案。無料で相談ができます。
弁護士法人 心の公式サイト

ページの先頭へ